情報収集ツールとしてのTwitter

>

Twitterはつぶやくだけのツールじゃない!

欲しい情報をリスト化する!

「リスト」はTwitterの基本機能のひとつですが、これは利用者がビジネス系やホビー系、ニュース系などとカテゴリーごとにグループ分けしてリスト化することのできるというものです。

「リスト」はフォローしている人たちをカテゴリー別にわけることができるので、興味をもつアカウントを登録しておけば、いつでもまとめて、それらのアカウントのツイートを読むことができます。

フォローと異なり「リスト」に入れたアカウントをフォローするのではないため、タイムラインにユーザーのツイートが流れることはありません。
また「リスト」に登録しているアカウントのみをみることができるので、グループ外のツイートノイズは遮断することができます。

いまの話題がわかるトレンド機能!

Twitterアプリの「見つける」タブにある「トレンド」は、まさにいま、つぶやかれて盛り上がっている話題やワードをフォローや位置情報などから確認することができる機能です。

「トレンド」は、季節なども反映され、いま現在の旬な話題や出来事を知ることができ、その瞬間、瞬間のホットなワードを集めるには最適なものであるといえます。

位置情報により、地域を選択することもできるので自分の住む地域や日本の他の地域、また世界の各地の都市などで盛り上がっているトレンドワードを検索することもできます。
地域を拡大または、より狭めることもできるので目的に応じたトレンド情報の収集も可能です。

地域を限定した検索ではその地域のイベント情報や事故などの状況を調べることもできるでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる