情報収集ツールとしてのTwitter

情報収集ツールTwitter!

2006年7月にアメリカで開始されたTwitterは、その手軽なコミュニケーション手法からソーシャルメディア瞬く間に世界中に広がりました。
その利用者数は国内で4500万人(2017年10月)、世界全体では3億2800万人(2017年4月)となっています。

Twitterといえば、小鳥のさえずりのように「つぶやく」というように、情報を発信するコミュニケーションツールとして認知され、またそのように利用されてきました。
実際、一般の利用者や芸能人などのセレブや企業の情報発信のツールとして活用されているのは確かです。
しかし最近では、Twitterの「リスト」や「トレンド」などの機能を活用して情報を収集するツールとして活用することが注目されています。

そもそもSNSとしてのTwitterのコミュニケーションフィールドには、さまざまな世代の個人や企業などの「つぶやき」がタイムライン、つまりリアルタイムで行き交っています。
もちろんその情報は雑多でクオリティーを持った情報から、全く意味のない情報まで含まれており、玉石混交ともいうべきものではあります。

情報を発信するユーザーは一般の人々はもちろんですが、芸能人などの有名人から経済評論家、企業人、政治家、そして企業そのものが、さまざまにつぶやいています。

これらのつぶやきはまさに、いまという鮮度を持った情報であり、なかには極めて貴重な情報が含まれています。
このような情報を効果的な方法で収集し、ビジネスや日々の生活に活用できないか、ということから、Twitterが情報収集のツールとして認識され始めたということができます。

Twitterはつぶやくだけのツールじゃない!

Twitterを使って、利用者が欲しい情報を集めるための情報収集のツールとして活用するには、いったいどのような使い方をすると効果的なのでしょうか? Twitterアプリの基本機能を紹介し、まずは情報収集ツールとしての設定し方から見ていきましょう。

Twitterをさらに使いこなす!

情報収集ツールTwitterをさらに高度に使いこなすためには、検索オプション、通知機能など、その他の便利な機能をマスターしておくとより効果的です。 質の高い情報をキャッチし、ビジネスなどに役立てるための便利なTwitter活用方法をご紹介します。

ビジネスにも活用できる受動型情報収集ツール

情報を収集するために最初にすることは、どんな種類の情報なのか?ということです。 ただやみくもに情報を集めるだけでは、それを役立てるということは不可能です。 鮮度の高い、本当に欲しい情報を集めるための方法があります。 そもそもTwitterとはどんなものなのかを認識して、活用するより良いことを考えましょう。

トップへもどる